パナホーム、関東での介護系施設請負が好調

 パナホームの東日本での介護・福祉施設請負事業が好調だ。これまでは西日本での実績が目立っていたが、グループホームと複合型施設で受注を伸ばしている。とくに複合型は今後も大幅な伸びを見込めるとして、これまでは対応が難しかった都心狭小地向け商品を発売した。11月に都内の医療法人などにダイレクトメールを送ったところ、即座に10件を超える問い合わせを集めた。関東及び中部を担当するエイジングライフ事業開発部東部営業推進部では、来期の全国での売上目標150億円のうち半分を占めたいとしている。


公開日: 2004年12月13日