“@nifty(アット・ニフティ)”会員向けに「マンション価格情報サービス」を提供 東京カンテイ

 東京カンテイ(松村優一郎社長)は、@nifty会員および@nifty ID登録ユーザー向けに「マンション価格情報サービス」(http://www.nifty.com/kantei/)の提供を開始する。\n 全国300万件以上の分譲マンション売出価格履歴情報を簡単に検索・取得できるというもの。これまで同社は会員に限定した不動産情報データ配信サービスを行ってきており、今回のような会員以外への情報提供は初めてとなる。\n 利用料金は1検索あたり3000円(税込3150円)で、最新のものから最大20事例の売出価格履歴を掲出する。\n マンションの分譲当時の「物件概要」のほか、「売出価格履歴」や「坪単価および㎡単価の推移」など、分譲マンションに関する詳細な情報も簡単に調べることができる。\n 月約500万円の売上げを予定。今後も同社は、様々な不動産データサービスをインターネットで個人向けに提供していきたい考えだ。\n


公開日: 2004年12月8日