不動産仲介で業務提携 三菱信不動産販売とUFJ住宅販売

 三菱信不動産販売とUFJ住宅販売は12月1日に、不動産仲介業務における業務提携契約を締結した。\n 両社の親会社である三菱信託銀行とUFJ信託銀行はすでに10月29日に業務提携を結んでおり、今回の不動産子会社同士の提携により、事業用不動産仲介と住宅仲介を含め、不動産仲介業務において全面的に業務提携が実現したことになった。\n 両社は、それぞれが持つ不動産売却・買受情報を全店ベースで交換し、成約率向上と不動産業務収入の拡大を図る意向だ。\n 昨年度(平成15年度)の三菱信不動産販売とUFJ住宅販売の仲介手数料収入の合計は約80億円で、信託銀行系の不動産流通会社では突出した存在となる。\n 今後は、経営統合に向けて積極的な拡大を目指すという。


公開日: 2004年12月2日