日管協フォーラム2019/参加者募集を開始、申込締切10月末

日本賃貸住宅管理協会(末永照雄会長)は、11月12日開催の「日管協フォーラム2019」の参加者募集を始めた。期限は10月31日まで。明治記念館で開催する。公式ホームページ(https://www.jpm.jp/forum2019/)から申し込みができる。昨年は延べ3300人以上が参加した。民法改正が賃貸借契約に与える影響、AI・IOT・クラウドなどを活用した不動産テック、最先端トレンドをテーマにしたセミナーをはじめ、「日管協版 賃貸住宅管理業務チェックシート」の使い方や賃貸住宅トラブルの実務対応策など、同協会の研究成果物も発表する。全25講座のセミナーを実施する。このほか同協会の社宅代行サービス事業者協議会主催の「社宅サミット」や、開催5日前の「賃貸不動産経営管理士 全国統一試験」の受験者を対象にした直前講座も同日・同会場で開催する。
参加費は、首都圏のブロック在籍の会員企業は1社4人まで6000円。5人以降から1人2000円となる。首都圏以外のブロック在籍の会員企業は無料。会員企業以外は1人6000円。昼食を希望するは1個1000円。


公開日: 2019年9月4日