リストグループ/5つ星ホテル併設の高級物件498戸、マレーシアで取扱開始

リストインターナショナルリアルティは7 月 17 日からマレーシアで高級レジデンス 「8CONLAY」(総戸数498戸)の取り扱いを始めた。マレーシア不動産の取り扱いはリストグループで初めて。同物件は首都クアラルンプール中心部に位置し、最寄り駅まで徒歩 5 分。周辺には同国のシンボルであるペトロナスツインタワーや各国大使館、大型商業施設、医療機関、教育施設などが点在する。地上56階建て。間取りは1LDK~3LDK(65~123平方㍍)となる。ドイツの5つ星ホテルが併設されているのが特徴だ。

入居者向けサービスとしては、コンシェルジュや24 時間の警備、車の運び出しや駐車代行などを用意する。販売価格は約5500万~約1億1000 万円を予定。日本と隣国シンガポールの不動産価格に比べて4分の1程度にとどまり、今後のマレーシア経済の成長などからキャピタルゲインが狙えるとしている。


公開日: 2019年7月17日