MFS/不動産投資ローン向けで借入限度額の証明書発行

住宅ローン借り換えサービスのMFS(東京都千代田区、中山田明CEO)は2月18日、不動産投資ローンの借り入れ限度額などを把握できるバウチャー(借入可能額証明書)を発行するサービスを開始した。同社の投資ローンの媒介ノウハウと金融機関との連携により、ユーザーの収入などの情報から借り入れ可能額を推定する。中古不動産ポータルサービス「Renosy(リノシー)」を運営するGA technologiesとも連携し、過去の販売実績からMFSの人工知能(AI)機能を使いスコアリングした優良物件も提案する。

物件を決めてからローンを申し込む通常の不動産投資の流れとは異なり、物件を決める前に借入可能額が把握できるという点で日本初のスキームという。購入を決めた後に金融機関融資から融資を断られるリスクの軽減につなげる。


公開日: 2019年2月21日