リスト/映像酔いしない仮想現実を全支店に導入

不動産仲介のリストインターナショナルリアルティ(=LIR、横浜市中区、北見尚之社長)は1月29日、VR内覧システム「マーターポート3Dリアリティーキャプチャープラットフォーム」を全ての支店に導入すると発表した。米国のMatterport社の技術を使い画像合成処理を施してクラウドサービスで提供する。映像酔いを受けずに室内を実際に歩いている感覚で仮想現実が体験できる。試験的に武蔵小杉にある物件でVR内覧を公開したあと約1か月で180件の閲覧があったという。現在、LIRが販売している戸建住宅・マンションのうち、約60件に同システムを導入している。


公開日: 2019年1月29日