リビンマッチ調べ/新築分譲マンション満足度9割、不満は収納・結露

不動産関連の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ(東京都中央区、川合大無社長)は1月22日、「住まいの不満」について調査した。

同サイト利用者で30歳以上519 人を対象に調べたところ、新築分譲マンションの居住者は住まいの満足度が92.2%と最も高かったが、不満として「収納の少なさ」(25.0%)と「結露」(17.2%)が多かった。中古分譲マンションの不満は、「築年数が古く、傷んでいる」「水回りが古い」がともに21.3%でトップとなり、「狭い」(19.1%)が3位に付けた。中古戸建ての居住者は「築年数が古く、傷んでいる」との不満が43.9%を占めた。


公開日: 2019年1月22日