不動産投資の教科書/収益用不動産セカンドオピニオン1月21日開始

投資家向けに情報提供する不動産投資の教科書(東京都港区、山本尚宏社長)は1 月21日、「収益用不動産セカンドオピニオン(AI 無料診断レポート付き)」サービスを開始する。不動産会社や投資物件などの選択肢を提供するとともに、投資家の属性によっては投資を勧めないなど客観的な情報を提供するのが特徴。年内に国土交通省が管轄する一般不動産投資顧問業登録をする予定。

不動産事業者としての実務経験と、不動産投資の経験が10年以上ある宅地建物取引士やファイナンシャルプランナーなどが相談に応じる。相談は1回あたり 1.5 時間を目安に行い、相談料として 1万5000 円(税別)で提供する。相談人数は1カ月に先着20人とする。


公開日: 2019年1月17日