エンジョイワークス/空き家再生プロデューサー育成事業を開始

エンジョイワークス(神奈川県鎌倉市、福田和則社長)はこのほど、空き家・遊休不動産再生を担うプロフェッショナルを育成するための「空き家再生プロデューサー育成プログラム」事業を開始し、再生のプロ人材を育てる講座受講者の募集を開始した。

空き家問題が急務となっている中、空き家を再生し利活用するためには不動産の知識だけでなく空き家の改修にかかる建築計画、資金調達、運営ノウハウなどの事業計画に加えて、コミュニティづくりなど幅広い知識と経験が不可欠。それらの知識を持つプロが全国的に不足していることに対応する。

同社では、自社の空き家再生やまちづくり実績と、そのノウハウを社内外で共有することで、空き家再生のプロフェッショナル人材を増やす。


公開日: 2019年1月17日