2×4協会、「耐火構造認定」を取得

 (社)日本ツーバイフォー建築協会(高橋邦男会長)は、4月20日付で2×4工法による階段部分の「耐火構造認定」を取得した。昨年から各構造部位の認定の取得しており、今回の認定により防火地域での2×4住宅(100平方㍍超)や全地域で4階建の共同住宅などの建設が可能になる。\n 一連の認定は昨年5月23日付で間仕切壁、外壁、11月17日付で屋根、今年3月12日には床で取得している。今後、防火地域での住宅や4階建住宅のほか、3階建以上の商業施設や、建築基準法以外に耐火建築物の制限がある高齢者向け施設、幼稚園などの建設もできるため、「新たな市場開拓が期待できる」(高橋会長)としている。


公開日: 2004年4月27日