年0・9%の住宅ローン登場 みずほ銀行

 みずほ銀行が年0・9%(2年固定型)の住宅ローンの取り扱いを始める。1%を下回る金利の住宅ローンは4大金融グループでは初めてで、国内金融機関の住宅ローン金利では過去最低。6月末まで募集し、数千億円のローンの獲得を目指している。\n 2年の金利固定期間を経過した後も、基準金利より0・4%低い金利を適用する。3年固定型の金利も、年1%にする。\n これまでは東京三菱銀行の3年固定型、年1%が最低だった。\n


公開日: 2004年4月23日