3月の首都圏の中古マンション市場、成約件数は5カ月連続増 東日本レインズ

 (財)東日本不動産流通機構(岩井重人理事長)は、3月の首都圏の不動産流通市場動向をまとめた。\n 中古マンション成約件数は、全体で2945件(前年同月比11.43%増)で、5カ月連続の増加となった。前年同月比で2ケタ増は、昨年12月以来。\n 地域別では、東京都1219件(同14.68%増)、埼玉県440件(同20.88%増)、千葉県478件(同17.16%増)、神奈川県808件(同増減なし)。神奈川県以外の3都県でいずれも2ケタ増をマークするなど、好調な数字を記録した。\n 1㎡あたりの成約平均単価は、首都圏全体で30万8300円(同0.20%下落)。こちらは3カ月ぶりの下落となった。


公開日: 2004年4月12日