平成15年の新設住宅着工総戸数、3年ぶり増の116万戸/国交省

 国土交通省がまとめた平成15年の新設住宅着工総戸数は116万83戸、前年比0.8%増で3年ぶりに前年を上回った。新設住宅着工床面積は1億403万8000㎡、同0.7%減で3年連続の減少となった。\n 持家は37万2652戸、同1.3%増で4年ぶりの増加。貸家は45万1629戸、同0.3%増で3年連続の増加。分譲住宅は32万6639戸、同0.8%増で3年ぶりの増加。分譲住宅のうちマンションは20万221戸、同3.8%減で3年連続の減少。一戸建住宅は12万4157戸、同8.7%増で3年連続の増加。\n 一方、15年12月の新設住宅着工戸数は10万826戸、前年同月比9.4%増で前月の減少から再び増加した。


公開日: 2004年1月30日