リテール仲介堅調で売上高約14%増/住友不動産販売第3四半期

 住友不動産販売(岩井重人社長)は1月26日、平成16年3月期第3四半期の業績をまとめた。今年度のこれまでの累計売上高は345億8800万円(前年同期比13.8%増)。\n 主力の仲介業務で、リテール分野が上半期以上に堅調に推移。取扱平均価格はやや下げたものの、件数が大幅に伸びたことでカバーした。\n 今期累計の仲介実績は、取扱高5660億6200万円(同14.2%増)、取扱件数1万9838件(同11.9%増)、手数料収入は255億3800万円(同10.4%増)と、各数字が2ケタ増となった。


公開日: 2004年1月26日