「大崎駅西口」地区が都市再生特別地区に、都内で第1号認定/東京都

 一昨年に政府の都市再生緊急整備地域に指定された「大崎駅周辺地域」で、東京都が都市計画提案していた「大崎駅西口E東地区」が、1月20日付で都市再生特別地区として決定告示された。都内の都市再生特別地区の第1号となる。\n 品川区大崎2、3丁目の約2.4haで、容積率の上限は750%(現行の指定上限は300%)。駅東西自由通路と一体化した建物の整備や、大規模な緑化空間の整備などの再開発が行われる。


公開日: 2004年1月22日