都市再生機構、就活学生向けに低額で住まい提供

都市再生機構は、東京で就職活動する地方の学生に家具付き賃貸住宅を低料金で貸し出す。ホテルやマンスリーマンションなどに比べて少ない費用で滞在できるようにし、学生の金銭的負担を減らす。まずは東京と埼玉で試験的に実施、ニーズを見極めながら対象を広げることも検討する。

学生支援の学生サポートセンター(東京都渋谷区)など2事業者と2カ月程度の賃貸借契約を結び、事業者が学生に転貸する。学生負担は東京・葛飾(2戸)で3000円、埼玉・所沢(1戸)では無料とする。鍵の受け渡しや日常的な管理は事業者が行う。

首都圏1都3県以外の学生が対象。いずれの物件も1回につき数泊から1週間程度の利用を想定し、複数の学生に使ってもらう。家具と日用品は「無印良品」を展開するムジネット、リース事業のアムスなんでもリースが提供した。

マイナビの学生アンケートでは、就職活動の不安について半数超が「交通費など金銭的負担が大きい」と回答しており、負担軽減を求める声は大きい。同機構では「ニーズの有無、オペレーションがうまくいくのかなど手探りで始める。需要があれば拡大も検討したい」としている。


公開日: 2013年8月13日