25カ所目のハーヴェスト「熱海伊豆山」会員募集が好調/東急不動産

 東急不動産は、静岡県熱海市の高級旅館が点在する熱海伊豆山で、会員制リゾートホテル『東急ハーヴェストクラブ熱海伊豆山&VIALA(ヴィアラ)』を11日にオープンする。

 25カ所目のハーヴェスト。老舗旅館『桃李境』跡地に建設した全182室の建物で、相模湾に向かって傾斜する高台立地のロケーションを生かして、客室のほか大浴場やプール、レストランなどの共用施設から海と初島や大島、伊豆半島を一望する開放感の高いリゾート空間を目指した。

 募集する2064口の会員権のおよそ7割が販売済み。182室のうち49室(会員権564口)を充てた全室専用露天風呂付きのグレードアップ会員『ヴィアラ』の売れ行きが86%と、高額商品の人気が先行している。

 ハーヴェスト133室はツインからファミリー、大人数で使えるコネクティングタイプ、ペット対応ルームなど、37~63平方メートルの全16タイプの客室を用意した。
 海を望む専用露天風呂とテラスを設けたヴィアラタイプは50~120平方メートル。専用プール付きやキッチン付きの客室も設定し、幅広いリゾートニーズに対応できるようにした。

 現在募集中の開業記念会員価格は、ハーヴェストが620万円、ヴィアラが909万円。どちらも1室当たり12口の共有制で、会員には年間30枚の無記名式利用券を発行する。(ほかに年会費ハーヴェスト9万4500円、ヴィアラ15万1200円)。


公開日: 2013年8月7日