東京都心・千鳥ヶ淵で坪単価800万円の高級マンション始動/三菱地所レジデンス

 三菱地所レジデンスは、東京都千代田区で開発中のマンション「ザ・パークハウス グラン 千鳥ヶ淵(総戸数73戸、販売戸数22戸)」を9月上旬に売り出す。すべての住戸が千鳥ヶ淵越しに皇居の緑を望むロケーションで、共用部、専有部とも希少な都心立地の住まいの魅力を高める最高水準の素材や設備、仕様を採用した。坪単価はリーマンショック後最も高い約800万円。最多価格帯は2億7000万円で、最高住戸は5億4000万円(179平方メートル)。いずれも医師や弁護士、会社経営者らの実需とセカンドハウス需要を見込んでいる。

 今年立ち上げた都心の高級マンションシリーズ『ザ・パークハウス グラン』の3号物件。オフィスビルを保有していた地権者から有効活用の相談を受け、等価交換で事業化した。


公開日: 2013年8月5日