日本土地建物の「京橋イーストビル」が満室で5月1日竣工へ

 日本土地建物が東京都中央区で開発中だった賃貸オフィスビル「京橋イーストビル」がほぼ満室で5月1日に竣工する。

 地下1階地上11階建て延べ約1・5万平方メートル。基準階300坪で、3階までの低層フロアにはみずほ銀行、6階には広島銀行が入居し、7~11階には中央通りを挟んで正面で進む京橋2丁目西地区再開発に伴って東洋インキが本社を仮移転する。日土地は京橋西再開発にも特定業務代行者の幹事会社として参画している。

 地下鉄京橋駅から徒歩1分。老朽化した3棟のビルを一体的に建て替えた。ファサードはガラスカーテンウォールによるシンプルなデザイン。建物の基壇部には戸田建設が開発したソフトファーストストーリ制振構造を初めて採用し、風による小さな揺れから大地震の揺れまで効率よく吸収できるようにしたほか、72時間稼働のテナント専用非常用発電機置場を屋上に確保してBCP支援機能を高めた。


公開日: 2013年4月25日