台湾で賃貸仲介開始 レオパレス21

 レオパレス21は、台湾で賃貸仲介をスタートした。

 06年に台湾の顧客が日本国内のレオパレス物件を契約できる店舗としてレオパレスセンター台北支店を開設。このほど、同支店で日本人が台湾の住宅、オフィス、店舗を賃貸するときに仲介できるようにした。

 海外店舗での賃貸仲介は、韓国に続いて2店舗目。台湾は人口2300万人。面積は日本の九州ほどで、情報通信関連製品の製造拠点が多い。安定した経済状況と外国からの投資を受け入れる環境が整っており、今後、日系企業の進出が期待が大きい。


公開日: 2013年4月18日