「オーベルグランディオ吉祥寺」4週間で106戸完売と好スタート/大成有楽不動産

 大成有楽不動産が東京都三鷹市で開発中のマンション「オーベルグランディオ吉祥寺(販売総戸数131戸)」の1期109戸が、3月9日の発売から4週間で106件の申し込みを集めて好スタートを切った。1月からの総来場者数は約800組にのぼる。5月中旬に2期を発売する。

 1期は35~87平方メートルの1DK~4LKDで、価格は1870万~5180万円。3月16日締め切りで100戸を売り出し、好調な販売を受けて9戸を追加発売した。最高5倍の倍率を付けた。

 通常のファミリー世帯に加え、周辺では供給の少ない1DKと2LDKのコンパクト住戸21戸には、広さは求めないものの吉祥寺エリアに住みたい単身女性や2人世帯の支持が集まった。

 「吉祥寺」は吉祥寺駅からバス13分。1956年に完成した牟礼団地約4ヘクタールを都市再生機構(UR)のプロデュースによって再生するプロジェクト初の分譲マンション。植栽したプロムナードや2つの公園などが整備される。


公開日: 2013年4月4日