東急リバブル/賃貸オーナー向け設備保証、首都圏でも提供開始

 東急リバブルは4月1日から、保証サービスを手掛けるテックマークジャパンと共同開発して関西圏で提供していた賃貸住宅オーナー向けの住宅設備機器保証「東急リバブル リビングラワンティ」の取り扱いを首都圏でも開始する。1棟単位で管理契約をしたオーナーが対象で、自然故障に備える保証制度。

 対象の設備機器は、エコキュートを除くガス給湯器やエアコン、インターホン、換気扇、調理用ガスコンロ・IHクッキングヒーターの5種類。オーナーは、毎月一定額の保証料を支払えばメーカー保証が切れたあとも保証する。保証手続きはすべてリバブルが代行する。


公開日: 2013年3月27日