木材利用でポイント、住宅は30万円分めど/林野庁が4月から

 林野庁は4月1日、地域材を利用した新築住宅にポイントを付与する制度をスタートする。住宅のほか、内装や外装を木質化する工事、木材製品も対象となる。

 1ポイント1円相当で商品券や地域の農林水産品などと交換する。国産材だけでなく、一定の要件を満たせば外国産材にもポイントを付与することとした。ポイント数の詳細は明らかになっていないが、新築住宅で30万ポイント程度となる見通し。

 対象となる住宅は、来年3月31日までに工事に着手し、主要構造部の過半に地位機材を活用することなどが条件。内外装では一定面積以上の工事を対象とする。林野庁では、4月以降事業者向けに説明会を開催するとしている。


公開日: 2013年3月19日