福島での屋根貸し太陽光実証実験が本格始動 レオパレス21と富士通

 レオパレス21は、富士通と共同で実施するアパート屋根を活用した「太陽光発電所」の実証実験を本格始動する。

 同実験では福島県内の管理物件67棟に太陽光発電システムを設置する。2月から順次施工に移る太陽光発電の設置量は合計1・2MWとなる。

 レオパレスの発電事業子会社であるレオパレス・パワーが同社管理物件の屋根を借りて賃貸料をオーナーに支払うモデル。各屋根には10~35KWの太陽光発電パネルを設置し、すべての発電を電力会社に売却する。各棟の発電量、日射量、温度は富士通のデータセンターが一元管理して分析し、影や方角による発電量に与える影響やパネル設置による断熱効果を検証する。さらに各棟から得た情報を活用した太陽光発電の情報ポータルサイトの開発も目指す。

 同社では、14年2月まで実証実験を行い、ノウハウを元に屋根貸しモデルを活用した住宅用太陽光発電の普及を促進する考え。


公開日: 2013年1月31日