フラット35申請、10月~12月は前年比6%増

 住宅金融支援機構が発表した昨年10月~12月のフラット35申請戸数は、買取型が前年同期比6.4%増の3万7446件、保証型が同28.1%増の123件とそれぞれ増加した。低金利が続いていることや、当初5年間にわたって金利を最大1%優遇する「Sエコ」が10月末まで販売されていたことが申請を後押ししたと見られる。

 フラット35買取型の金利は9月から12月まで3カ月連続で低下。12月は過去最低となる1.810%(最頻値)をマークした。ただ長期金利の上昇で1月は4カ月ぶりに上昇している。


公開日: 2013年1月22日