大阪・うめきたの「グランフロント大阪」4月26日にまちびらき

 三菱地所やオリックス不動産など12社で構成する大阪の「うめきた先行開発区域プロジェクト開発事業者」は、JR大阪駅北口で開発中の『グランフロント大阪』のまちびらきを4月26日にするとともに、同日開業する商業施設『グランフロント大阪ショップ&レストラン』に出店する266店を決めた。

 ファッション関連は国内外の人気セレクトショップ18店や大阪初出店などの合計119店が集積。周辺百貨店より広い面積を確保した旗艦店などをそろえ、一大商業地として競合が激化する梅田エリアでの集客力を高めた。このほか、日本初上陸となるインテリアの「ZARA HOME」などインテリア・雑貨の35店やビューティー関連の35店も入居する。

 77店が集積する飲食関連は有名店街やイートインスペースを設けた食物販ゾーンのほか、深夜4時まで営業する食べ・飲み歩きゾーンも設置。地下1階には世界のビールとワイン400種類以上が飲める「ビールとワインの博物館」が館内飲食店では最大規模の600席超のスケールで出店する。


公開日: 2013年1月17日