野村不アーバン/住宅地・中古マンションの値下がり率縮小

 野村不動産アーバンネットは1月1日時点の住宅地価格と中古マンション価格の動向をまとめた。首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)の実勢調査。2012年10月から12月期の四半期ベースでみると、住宅地価格もマンション価格も都区部の値下がり率の割合が縮小したのが特徴。

 首都圏10-12月期の住宅地の「値上がり」地点は4.3%(前回10月2.1%)、「横ばい」地点が72.9%(同78.6%)、「値下がり」地点が22.9%(同19.3%)だった。横ばい地点の割合が若干減少した。

 中古マンションは、「値上がり」が4.2%(同4.6%)、「横ばい」が65.3%(同60.6%)、「値下がり」が30.6%(同34.7%)となった。横ばいが増加し、値下がりが減少した。

 1月から12月まで年間ベースでも共に値下がり率の割合が縮小傾向を示した。


公開日: 2013年1月7日