住友不販売/中古住宅の売買で瑕疵保証サービス提供

 住友不動産販売は1月12日から、中古住宅向けのアフターサービス「ステップ瑕疵保証」の提供を始める。全国直営249店舗で展開する。中古住宅の売買において建物の瑕疵補修を最長1年間、最高250万円まで同社が負担する。3月31日までに同社と専属専任媒介契約を締結し、6月30日までに売買契約が成立した個人の顧客が対象。

 対象物件は、築20年以内の戸建ておよび築25年以内のマンションで、自己居住用に限る。賃貸中や3カ月以上の空き家、別荘、併用住宅を除く。

 補修範囲は雨漏りやシロアリ被害、旧排水管の故障で、戸建てには建物構造上の主要部位の木造腐蝕も含まれる。


公開日: 2013年1月7日