東急リバブル/土地情報レポートを有償で提供

 東急リバブルは1月4日から、住まいに必要な情報をまとめた「土地情報レポート」の提供を始めた。同レポートは、顧客からの依頼に基づいて対象物件の周辺地域に関する土地特性をまとめたもの。全国の売買仲介店舗で取引した人、または取引を予定している消費者向けの有償サービス。土地購入の判断材料に使ってもらう。作成費用は1件につき1万5750円(税込)。ジャパンホームシールドと応用地質の2社に委託する。

 サービス対象エリアは、首都圏や関西圏のほか札幌、仙台、名古屋、福岡の同社の可能エリア。主にレポートでは、(1)地震時の揺れやすさ(2)近隣の活断層(3)液状化の可能性(4)洪水の可能性(5)土砂災害の可能性(6)土地の履歴などを提供する。

 これに伴い同社は、首都圏の売買仲介店舗において「リバブルあんしん土地チェック」キャンペーンを3月31日まで実施する。(1)境界線の有無確認(2)仮測量(3)越境確認(4)道路境界線後退(セットバック)の面積調査(5)敷地内高低差測量の5つの項目を無償で提供する。土地・戸建ての売却にあたって、同社と専属専任媒介契約または専任媒介契約を締結した個人顧客が対象。


公開日: 2013年1月7日