大和ハウスリートが東証上場/物流・商業など1145億円規模でスタート

 大和ハウスリート投資法人は11月28日、東京証券取引所に上場した。

 物流施設と商業施設に投資する複合型リート。三大都市圏60%以上の割合で全国主要都市に投資する。上場時保有資産はDプロジェクト浦安Ⅱ(取得価格214億円)、Dプロジェクト八王子(同126億円など大和ハウスが開発し関連SPCなどが保有する物件を中心に物流施設19物件、外部取得を含めアクロスモール新鎌ヶ谷(同74億1900万円)、フォレオせんだい宮の杜(同60億4000万円)など商業施設5物件。資産規模は1145億1900万円となる。

 初値は発行価格50万円を0・8%上回る50万4000円だった。


公開日: 2012年11月28日