主要都市の地価、回復傾向強まる/国交省

国土交通省は主要都市150地区の第3四半期地価動向(地価LOOKレポート)を発表した。地価の上昇を示す地区が前期の33から34に、横ばいが82から87にそれぞれ増えるなど全国的に地価回復の動きが広がった。下落地区は35から29に減った。調査は東京圏65地区、大阪圏39地区、名古屋圏14地区、地方都市32地区を対象に4半期ごとに実施している。


公開日: 2012年11月26日