東京・麻布狸穴町で長期優良マンション90戸を来年2月発売/東急不動産

 東急不動産は、東京都港区で建設中の10階建てマンション「ブランズ麻布狸穴町(地権者住戸50戸を含め総戸数140戸)」を来年2月に発売する。12月上旬にモデルルームをオープンする。

 地下鉄麻布十番駅から徒歩6分。ロシア大使館や東京アメリカンクラブといった国際色豊かな施設に囲まれた立地で、高級賃貸マンションの先駆けとして知られる「麻布東急アパトーメント」跡地の一部を活用した。

 通常のマンションより高い耐震等級2を取得したほか、劣化・維持管理・省エネなどでの最高等級取得によって、都心の永住志向に応える長期優良住宅の認定を得た。防災対策や次世代省エネ基準対応をはじめとした環境配慮の充実も図った。住戸は40~137平方メートルの1LDK~4LDK。


公開日: 2012年11月15日