東京・丸の内で「富士ビル」「東京会館」「東商ビル」3棟共同建て替えを決定/三菱地所

 三菱地所は、東京・丸の内に保有する「富士ビル」と、同一街区で東京会館と共同保有する「東京会館ビル」、さらに東京商工会議所保有の「東京商工会議所ビル」の3棟を一体的に建て替え、共同ビルを開発することを決めたと発表した。

 丸の内再構築第2ステージの5弾目のプロジェクト。14年11月の解体着工、17年度中の竣工を目指す。

 ブランドショップの集積が進み、丸の内の賑わいを生み出す「丸の内仲通り」の中心に位置し、皇居外苑のお濠にも面した水と緑を望む景観を持つ。
 商業店舗や宴会場といった丸の内の活性化に寄与する施設を併設し、高度な防災機能と業務支援機能を備えた最先端のオフィスと貸し会議室などを中心に計画する。

 既存ビル3棟が建つ敷地の合計面積は約1ヘクタール。現在は3棟合計で約10万平方メートルの延べ床面積がある。


公開日: 2012年11月15日