パナホーム、上半期の受注高が前年比7.3%増

 パナホームは27日、平成16年3月期中間決算を発表、連結の上半期受注高は1378億2400万円と対前年同期比7.3%の増加となった。売上高も1262億7900万円と同4.1%の増加だった。しかし、営業利益については、継続的なコストダウンの実行が収益体質の改善に寄与しているものの利益の確保までには及ばず、9億6100万円の損失と前年同期の48億500万円から大幅に回復したものの引き続き損失となった。


公開日: 2003年10月28日