道路公団藤井前総裁の解任にともない、村瀬総裁代行がコメント

 24日、日本道路公団の藤井治芳(はるほ)総裁が解任された。当面、村瀬興一副総裁が総裁職を代行する。\n 村瀬総裁代行は、「極めて困難な時期ではあるが、役職員一致協力して民営化に向け改革に取り組みたい」とコメントを発表した。また、総裁解任にともなって国民から批判が噴出したことについて、「国民の信頼の回復に努めたい」としている。


公開日: 2003年10月24日