パナホーム、複合型介護保険施設「ケアビレッジ」を発売

 パナホームは、多様化する高齢者の介護ニーズに対応する複合型介護保険施設「ケアビレッジ」を11月1日に発売する。この商品は、同社が開始した業界初の介護保険施設事業者向け融資プログラム「ナーシングホームローン」の利用できる。\n 「ケアビレッジ」はグループホームやデイサービスセンターなどの介護保険施設を複合的に設計提案。利用者は介護レベルが変化しても施設移転の必要がなく、常に良質で安定したケアサービスを受けることができる。\n また、事業経営者にとっても、さまざな要介護高齢者の長期的な利用が見込め、安定した事業経営を実現するとともに、地域における高齢者福祉に貢献できる。販売価格は坪単価43万円台から。


公開日: 2003年10月24日