東京都心・香港ガーデン跡地の「西麻布レジデンス」モデルルーム公開/三菱地所レジなど

 三菱地所レジデンスなど3社は、東京の地下鉄広尾駅から徒歩6分の香港ガーデン跡地で開発中のマンション「ザ・パークハウス西麻布レジデンス(総戸数190)」のモデルルームをオープンした。11月下旬に販売を始める。

 広尾と麻布、青山、六本木の人気4エリアが交差する外苑西通り沿いに立地する24階建てのタワーマンション。総合設計制度を活用し、周辺の緑と連続する公開空地を持ったランドスケープを採用した。

 建物外観は見る方角によって異なる多面的な形状を採用し、コンクリートの表面を削り出して自然石の素材感を出したプレキャストコンクリート板(PC板)と、ガラスカーテンウォールの異なる質感を持った素材でコントランストを演出。印象的なデザインに仕上げる。

 専有部は42~124平方メートルまで41プランを設定した。天井高4メートルの最上階の3戸から4グレードを設定し、いずれも都心居住にふさわしい内装デザインや仕様を採用した。

 メルセデス・ベンツと提携したカーシェアリングも導入。オープンカーを含めた2台のベンツを利用できるようにするほか、居住者や来客がベンツをハイヤーのように利用できる専属運転手付きのサービスも提供する。

 販売価格は4000万円台~2億9000万円台。最多価格帯は5000万円台(40平方メートル台)と、8000万円台(60~70平方メートル台)。これまでに約2500件の問い合わせがある。


公開日: 2012年9月4日