単世帯住宅を2世帯住宅にリフォームする定価制商品を新発売/旭化成リフォーム

 旭化成リフォームは、過去に旭化成ホームズが建てた単世帯のへーベルハウスを、2世帯住宅にリフォームする定価制リフォーム商品「へーベルハウス・リメイクコンパクト2世帯タイプ」を新発売する。

 築20~30年を迎えるへーベルハウスのストックのうち、ボリュームゾーンである延べ床面積40~50坪の2階建てを主な対象に、限られた面積でも親子2世帯が快適に暮らせる間取りの提案と、省スペースでも設置可能な設備を取り入れた。

 40坪の既存住宅を3・5キトワットの太陽光発電とエネファームのダブル発電を搭載した2世帯住宅にリフォームする場合で販売価格は1970万円。20年の長期固定(最長20年)無担保の専用ローンを提供し、新築でも需要が増えている2世帯同居のリフォームニーズを掘り起こす。

 2世帯住宅でも気兼ねなく入浴や脱衣ができるよう浴室には2方向から出入り可能な2カ所の脱衣所を設ける。2世帯それぞれに必要なキッチンは、省スペースでも設置が可能なコンパクトキッチンと奥行きの薄いオリジナルの食器棚を設置する。

 一方で、孫も含めた3世代がそろって食事できる広いLDKを設けて大きなダイニングテーブルを置いたり、共働きの子世帯の子育てを親世帯が支援する『孫共育ゾーニング』といった同居する3世代のコミュニケーションを促すようなプランも提案する。


公開日: 2012年8月9日