旭化成ホームズなど、二世帯住宅向けのエネルギーシェアシステムを開発

 旭化成ホームズと大阪ガス、東京ガスは共同で二世帯住宅向けのエネルギーシェアシステムを開発した。燃料電池「エネファーム」と太陽光発電システムでつくった電気と熱を二世帯間で融通し、光熱費とCO2排出量差し引きゼロを可能にする。戸建ての二世帯住宅の世帯間で燃料電池の電気と熱を融通するのは業界初。旭化成ホームズが4月28日に発売した二世帯住宅新商品「ヘーベルハウス &Nico」に採用する。1年ほどは同社が独占的に採用する。


公開日: 2012年4月24日