札幌中心部で「札幌三井JPビル」を着工/三井不など14年完成へ

 三井不動産と郵便局株式会社は、札幌市の中心ビジネス街である北2条西4丁目で、20階建て、高さ100メートル、延べ6・8万平方メートルのオフィス・商業の複合ビル「札幌三井JPビルディング(仮称)」を着工する。14年9月のオープンを目指す。

 札幌駅から徒歩4分。札幌のシンボルである赤レンガ庁舎前の交差点に立地する。昨年の開通によって市内中心部の人の流れを大きく変えた札幌駅前通地下歩行空間とも直結し、天候や冬場の積雪にも左右されずアクセス可能な利便性を備える。

 地下1階から地上4階の5フロアに約30店の飲食や物販を誘致。地上部分には広場も設けて、周辺の賑わいづくりへの貢献も目指す。

 オフィスは基準階面積約560坪、天井高2・8メートルの3面開口による明るい無柱空間で、市内オフィス需要の多くを占める小規模ニーズにも対応できるよう約34坪からのフロア分割もできるようにした。
 災害時のBCP対応として72時間対応の非常世発電機を備え、耐震性能最上級ランクの非常用エレベーターも設置する。

 設計は日本設計と鹿島建設、施工は鹿島建設。


公開日: 2012年4月20日