三井不リアル、横浜市/新横浜北駐車場にハイブリッドソーラー導入

 三井不動産リアルティと横浜市体育協会は4月18日、「三井のリパーク」の新横浜北駐車場にハイブリッドソーラーを導入したと発表した。

 同システムは、日照時に8枚のパネルで発電を行い、蓄電した電力を使い日没後の看板や照明機器を点灯する仕組み。年間に1620キロワット発電し、約606キログラムのCO2排出量の削減が見込める。併せて場内の照明もLED化にし、年間で7354キロワットの発電力、約2.7トンのCO2削減が期待できる。太陽発電とLEDにより、消費電力を従来に比べて最大78.2%削減することが可能だ。

 同協会は、今年4月1日から同駐車場の運営を三井不リアルに委託した。


公開日: 2012年4月20日