積水ハウス、スマートタウンを全国展開

 積水ハウスはこのほど、太陽電池・燃料電池・蓄電池の3電池を搭載するスマートハウスによるスマートタウンを全国で展開する。初弾となる「スマートコモンシティ明石台」(宮城県富谷町、431区画)のまちびらきを27日に行う。今後、宅地および建築条件付き宅地販売を進める。

 「明石台」は、東日本大震災後に開発される宮城県内最大級の大型住宅団地で、、東北復興の第一歩の役割も担う。現時点で「グリーンファースト ハイブリッド」による建売は7棟で、今後全体戸数の着工が進む中で、2割程度を目安に普及させる。


公開日: 2012年4月12日