東京・府中で環境配慮のマンション219戸発売/野村不動産など

 NREG東芝不動産と野村不動産は、東京都府中市で開発中のマンション「プラウド府中天神町」を発売した。7・8階建ての3棟構成で、総戸数219戸のうち1期分として大半の152戸を売り出した。価格は3380万~5590万円(全体の住戸面積70~100平方メートル)。最多価格帯は3700万円台。

 1・1ヘクタールの敷地内に2つの公共公園を再整備し、ゆとりを持って配置する住棟と住棟との間にも4つのガーデンをはじめ多くのオープンスペースを設ける。市と結んだ景観協定をもとに既存樹を生かしたガーデンには小鳥の水のみ場を設置するなど周辺環境との調和に配慮する。道路側は住棟を3mセットバックして地域住民も安心して通行できる歩道を整備し、バス停前にはベンチや緑を設ける。

 オール電化仕様の住戸はすべて70平方メートル超の広さで全87タイプを用意した。復興支援・住宅エコポイント対象認定を取得。住宅設備には、ユーザーの声を取り入れて開発した『ラクモア』シリーズを採用する。

 交通は京王線府中駅から徒歩14・18分。設計施工は鹿島建設。


公開日: 2012年4月6日