住宅瑕疵保険を改定、リフォーム保険の期間延長など/住宅保証機構

 住宅保証機構(東京都港区)は2日、「まもりすまい保険」など瑕疵担保保険の料金引き下げと商品改定を実施した。

 新築住宅を対象とした「まもりすまい保険」にはオンラインサービスを導入。保険契約の申し込みや保険を利用した住宅情報の一元管理などが可能となった。3階以下(地階含む)の建物については、通常の現場検査のほかに防水検査オプションを設けた。

 リフォーム瑕疵保険の「まもりすまいリフォーム保険」は、一定の条件を満たした事業者が行うリフォームについては通常5年の保険期間を10年間に延長できるようになった。保険料金は両商品のほか、中古住宅瑕疵保険、マンションの大規模修繕瑕疵保険でもそれぞれ引き下げた。


公開日: 2012年4月3日