仙台市内で免震オール電化マンション発売/新昭和

 新昭和は、仙台市の仙山線東照宮駅から徒歩7分で、免震構造による13階建てオール電化マンション「ウィザースレジデンス北四番町通」(総戸数51戸)を売り出した。

 同社初の東北地区でのマンション分譲。震災前にプロジェクトは始動していたが、震災を機に計画を白紙を戻し、免震構造と災害時の復旧が早いオール電化などを取り入れた事業として再構築した。共用部電力の一部を賄う太陽光発電やエコガラスの採用など環境対応も強化。万が一の場合の防災対応として防災備蓄倉庫も設置する。

 住戸はリビングとバルコニー空間とを連続させるインナーテラスを全戸に設けた。
 専有面積69~84平方メートル(2LDK+S~4LDK)で、価格は2100万からの予定。


公開日: 2012年3月28日