プラズマクラスターイオン発生器を搭載したシステム収納発売/大和ハウス工業

 大和ハウス工業は4月5日、プラズマクラスターイオン発生モジュールを搭載したクローゼットを発売する。イシモクコーポレーション(福岡県大川市、石井泰彦社長)と共同開発したもの。商品名は「プラズマクラスター技術搭載マルチシステム収納」。

 衣類に付着した汗やタバコの臭いや、ダニのふん、死骸などといった浮遊アレル物質を分解除去する効果のあるプラズマクラスターイオン発生モジュールをクローゼット上部に組み込む。モジュールはシャープ製。分解除去効果については日本紡績検査協会の試験で効果を実証済み。

 シャープを含めた3社と今後も連携を進め、洗面所やトイレ、玄関などにもプラズマクラスターイオン発生器を内蔵した商品を開発する計画。

 大和ハウスの戸建て全商品に対応可能で0・5畳タイプと1畳タイプの2サイズ、3バリエーションを用意する。販売価格は0・5畳クローゼットタイプで4万5990円。月間300ユニットの販売を見込む。


公開日: 2012年3月22日