6月にマレーシア不動産視察ツアー開催/週刊住宅新聞社

 週刊住宅新聞社は6月22日~26日の5日間、5回目となる「マレーシア不動産視察ツアー」を開催する。経済発展を続けるクアラルンプールやペナン島などの投資物件を見学する。

 近年の成長率が5~6%と安定的な経済成長を続けるマレーシアは、外国人の不動産購入が50万リンギット(約1400万円)以上なら原則自由であることなどから日本を始めとする諸外国からの投資が活発化している。

 ツアー日程は22日の朝に成田を出発、クアラルンプールを中心に収益物件や高級コンドミニアムを見学する。帰国は26日の朝を予定している。旅行代金は22万8000円。
募集人数は15人(最小催行人数は10人)。締め切りは5月18日。

 問い合わせは週刊住宅新聞社総合企画局(電話03・3209・7621)。


公開日: 2012年3月15日