大京アステージなど/漏水対策商品で特許、震度5強以上で水道自動停止

 マンション管理を手掛ける大京アステージは3月7日、漏水被害を未然に防ぐ商品「緊急遮断弁装置」を開発、特許を取得したと発表した。流体制御弁などの製造・販売を行うベン(東京都大田区、横沢好夫社長)と、個人1人との3者共同開発で、震度5強以上の地震感知で弁を自動的に遮断して水道供給を停止する。住戸内の水道管などが破損した場合の漏水対応の遅れや、避難などで不在の間の漏水被害拡大を防ぐのが狙い。停電時でもバッテリーで作動する。遮断解除は住戸ごとに入居者が容易にできる。アステージが管理受託するマンションに順次提案する予定だ。


公開日: 2012年3月7日