野村リビングサポート/首都圏のマンション駆けつけサービス倍増、賃貸向けも開発

 野村リビングサポートは、同社が管理するプラウドシリーズの分譲マンションに3年間の期限付きで昨年から提供している無料モニターサービス「リビングQコール」の対象を大幅に拡大する。利用者の評価を受け、首都圏(東京・神奈川・千葉・埼玉)での提供を6万戸に倍増する。より多くの要望を収集し、サービス品質の一層の改善を狙う。

 Qコールは、入居者が暮らしの中で困っていることを解消するサービス。マンション専有部の各種機能や建具など不具合の修理、照明電球の交換など30分以内の作業を無料で行う駆けつけサービスのほか、パソコン操作や家事に関するサービスも提供。部屋の修繕・リフォームやハウスクリーニングなどが安心して利用できるよう、グループの野村不動産リフォームが相談・紹介から施工まで手掛ける。

 また、Qコールをベースに賃貸マンションの入居者向けの新サービス「リビングQコールfor RENT」を開発し、6月1日から順次導入する。フォーレントは、野村リビングがプロパティマネジメント業務を受託している賃貸マンション「プラウドフラット」が対象。トラブルへの緊急対応に加え、国内のリゾートホテルや旅館、レジャー施設、飲食などを入居者が割引価格で利用できる福利厚生サービスを付帯する。


公開日: 2011年5月30日